ガンプラシリーズ:HGUC

ガンプラシリーズHGUCハイグレード・ユニバーサルセンチュリーとは、宇宙世紀での作品群中野モビルスーツから、最新のガンプラ技術でリニューアルしたものを言います。
組み上げや、塗装にかかる負担を極力減らすように設計されており、そのまま組み上げた場合でも原作のイメージ通りに仕上がるようになっている。
そのため、旧来の1/144スケールのガンプラより高額になる。

MGやPGよりも、手軽に安価な普及品というコンセプトを組んだガンプラである。
管理人としてはもっとグレードの高いガンプラを誰かが会社設立をして販売して欲しいな♪

ガンプラシリーズ:HGUCのデザインはカトキハジメを採用している。
リニューアルだけで収まらず、このガンプラで初めて商品化された機体も少なくない。

ガンプラ初期シリーズよりも、ビームサーベルがクリアーパーツで再現してるものが多い。
1/144スケールでで統一されていることにより、ガンプラファンの間ではコレクション性が高いガンプラシリーズになっている。

また、 サイコガンダムやデンドロビウム等、非常に大きなガンプラも販売されている。
ガンプラに台座が標準装備になったのもこのころである。

模型雑誌で登場したADVANCE OF Z等の機体もガンプラHGUCシリーズにラインナップされている。

UC(ユニバーサルセンチュリーというシリーズなため、MGやPGで既に発売されている宇宙世紀作品以外の機体出てこないとされている。
劇場公開に合わせ、機動戦士Ζガンダムの作品から、クリアー・メッキ成形の限定版キットのガンプラも登場した。
ガザC・メタス・アッシマーといった可変モビルスーツもガンプラで販売されている。

注目サイト

中古物件のリノベーションを葛飾区で検討する

2018/3/9 更新